不思議なお話No43 みんな繋がろうよ、昔みたいに! 

 

  ここのところ、悦に入って随分と長い文章を書き殴ってきたことを、ちょっと反省しています。疲れちゃいますよね、小難しくて長い話は。今回は出来るだけ短くしたいと思っていますので、ご安心を。でも、これから書こうとしているのは、僕の好きな「集合的無意識」についてですので、つい我を忘れそうですが、出来る限りということで…。
  今日、紹介する話は、「ヤフーの知恵袋」についてです。

 僕は何日も或る生物の生態をインターネットで調べていたのですが、どうしても僕の知りたい答えに出会えませんでした。思い悩んだあげく、ふと目にした「ヤフーの知恵袋」に頼ることにしたのです。
  ところで知ってました? このヤフーの知恵袋のこと。僕自身完全にシステムを理解しているわけではないのですが、要は知りたいと思うことを不特定多数に(或いは専門分野の方を指定して)投げかけて質問すると、その世界の物知りが疑問に答えてくれるという、実に有り難いシステムです。
  僕は、この知恵袋で、僕自身では決して巡り会えないであろう専門的な知識を得ることが出来たのです。その答えを提供してくれたのは、研究者ではありませんでしたが、その方面の知識の豊富な方でした。「ヤフーの知恵袋」のシステムでは、寄せられた回答の中から、ベストアンサーを選びポイントを差し上げるのですが、回答は一件しかなく、しかも求めていた回答そのものでしたので、感激して思わずポイントを追加したほどです。
 さて、このことに深く感銘を受けた僕が、その時何を思い浮かべたと思います? 実はその世界では20世紀最高の霊能力者と評価された、エドガー・ケイシーのリーディングです。特に、病苦に悩む人々に与えられた処方箋、その病苦を癒す方法や薬品を示したフィジカルリーディングなのです。
 「ヤフーの知恵袋」が、どのようにケイシーのリーディングと繋がるのか不思議に思うかもしれませんが、実はこの二つには共通項があります。それは、情報を有する多くの人々から、有用な情報を収集するという点です。

  では、ケイシーがどのようにその処方を語ったのかお話します。彼にに与えられたのは患者の名前と住所だけです。ケイシーは妻の暗示によって深い眠りに陥りますが、その彼の口を通して別の人格が語り始めます。
  常に我々という一人称で話す彼らは、ケイシーの知るよしもない、また発音さえおぼつかないであろう医学用語を駆使して、まるで患者の体内を見ているようにその病巣を、そして治療法を語るのです。
  このケイシーの口を通して語る彼らに対して、その知識の源を問うと、このように答えたそうです。
『彼自身(ケイシー)の潜在意識が他のあらゆる潜在意識と直接交わ」ることが出来、そして「この方法で何千何万という他人の潜在意識の有する知識の全てを収集する』のだと。
  一部には、この知識の源をアカシックレコードと解説する方もおられますが、アカシックレコードであるとすると、ケイシーの言ったことすべてが正しいということになります。しかし、ケイシーは神様ではありませんので、つまり人間ですから何度も失敗していますし、時に自らその間違いを認めているのです。
  ケイシーのように霊媒体質の人間にはあらゆる霊が降りてくるのであって、人々を救いたいというケイシーの真摯な思いに感応して相応の霊が降りてきた場合のみ、ケイシーは真実を語ったと解すべきだです。
  とにかく霊にもいろいろレベルがあるようですから、日本の降霊術では低級霊を見抜き、それを取り除く審神者(さにわ)の役割が重要だと言われています。
  さて、この霊達がどこから降りてくるかといえば、何度も言うように集合的無意識から、というのが僕の主張です。ケイシーに降りてきた霊の語ったことを信じるとすれば、人々は一人一人隔離されているのではなくその集合的意識で繋がっていて、そのアクセス方法さえ分かれば、あらゆる人々の知識を引き出せることになります。
  どうです、「ヤフーの知恵袋」に近づいてきましたでしょう。貴方もインターネットにアクセスするだけで、貴方一人では決して知り得ない知識や情報を引き出せるのですから、これと全く同じということになります。
  またツイッターは世界に配信されていますので、貴方は日本にいながら世界中の人々と繋がることが出来ますし、或いはフェイスブックのように多くの人々と、まるでテレパシーのように時空を超えて、会話でもするようにコミュニケーションが取れるのです。そして貴方は常に繋がる仲間を求めています。
  僕の言いたかったことがお分かり頂けたでしょうか? 「インターネットの文化人類学的意味」で紹介したニホンザルやマウス、そして野生動物は、それぞれの集合的無意識にアクセスして知識を得ていますが、人類はそのアクセス能力を失いつつあり、その能力を補完する意味でインターネットを発達させたとする僕のエッセイを少しでも実感して欲しかったのです。
  さらに言えば、コンピュータなんて頼らずに、僕たち「日本人のもっている強力な右脳」(注1)を働かせて、みんな繋がってほしいということです。それには、どうすればいいか? なんて聞かれても、残念ながら僕には分かりません。
  それより、今すぐ外に出て、星々がきらめく夜空に語りかけてみてはいかがでしょうか。皆と繋がるには、どうすればいいのかとか、或いは今悩んでいることでもいいですから、夜空に向かって言葉を発してみたらいかがですか。それが「空」との相互作用の第一歩です。何にも起こりはしませんが(人によっては或いは・・・)、ちょっとすっきり、さわやかな気分、そう、心が洗われますよ。まずは世間の垢を落として…。 

(注1) 西洋人や他の東洋人は、母音(あ・い・う・え・お)、及び動物や虫の鳴き声を機械音と同じく左脳で反応しますが、日本人だけは両者を意味のあるものと認識して右脳で反応します。そして大事なことは、右脳は集合的無意識のアンテナとして機能しているということです。

HPランキングにご協力をお願いいたします

   

inserted by FC2 system