予言なんてクソクラエ

第十二章 連続暴行魔

    (一)
 石井は再びタクシーを拾い四谷に向かった。山口のことが気になった。石井は見張られていた。となると石井を名指しで指名してきた相沢という依頼者がますます怪しく感じられたのだ。万が一のことを思うと心が急いた。
タクシーの中で五十嵐に電話を入れたが留守電になっている。兎に角、全ては事務所に帰ってからだ。本来であれば千葉県警に保科香子のことを知らせなければならないのだが、何故かそうする気が起きない。教祖に対する闘志が心に渦巻いているのに何処から手をつけてよいのか分からない。苛立ちが体中を駆け巡る。
 二階の事務所に駆け上がりドアを開けた。佐々木が応接のソファの背もたれ越しに振り返った。その唇に煎餅の欠片がはさまっている。急なご帰還に驚いて目をまん丸に見開いたが、すぐさまテレビの画面を消し、前かがみになり、もごもごと声を掛けてきた。
「随分早かったじゃないですか。急用が出来たっていうからてっきり帰りは午後になると思っていたわ。」
石井が自分の席につくと、佐々木も資料を抱えて事務机に戻った。普段一人の時は、そこが定位置らしい。石井が伸び上がり応接のテーブルを見ると下の棚に菓子入れがそっと隠されている。それを見る石井をものともせず、佐々木が声をかけてきた。
「やっぱり何かが起こるわね。」
「何かって?」
「大きな地震だと思う。ここ二三日妙に胸騒ぎがするの。勿論、真治さんから話を聞いたことで心理的に不安になったということもあるけど。でも、犬の遠吠えもここのところ激しくなっているわ。」
「犬の遠吠え?ちっとも気が付かないけど。」
「真治さんのように何の屈託のない人はバタンキュウで寝入ってしまうんでしょう。私なんか独り者で不安な夜を一人過ごしているの。眠れない夜もあるのよ。」
ふーっとため息を漏らし、しんみりとした顔を取り繕った。佐々木はワイドショウを見ながら仕事をしているのを目撃され、その話題にふれさせまいとしている。そんな佐々木の思惑など無視して石井が言った。
「お客さん、ええと、そう相沢さんに対して、山口はうまくやってくれた?」
その時、事務所全体がミシミシっという音を立てて揺れた。長い横揺れだ。二人は見詰め合う。「ほら、やっぱり来たわ。」
地震が止むと、何事もなかったように答える。
「ええ、万事うまくいったわ。相沢さんの娘さん、高校3年生なんだけど、ストーカーに付きまとわれているの。だからしばらくガードして欲しいっていう依頼。山口君ったらすっかり鼻の下伸ばして、ほいほい付いて行ったわ。山口君こそ何か変なことしでかさなければいいけど。」
「その家に行ったのか。」
「ええ、一刻も早いほうがいいって。」
石井は思い出した。相沢が石井を名指しで電話を掛けてきたのは、石井が綾瀬署の捜査本部を訪ねた日の午後6時頃だ。厭な予感が当たっているような気がした。
「佐々木さん。相沢の書類を。」
「何ですか、お客さんを呼び捨てにするなんて。」
書類を受け取ると、家と会社の電話番号にかけたが、両方とも出鱈目だった。
「相沢って男、どんな男だった。」
「そうね、がっちりとした体格で、そう、真治さんくらいの上背かしら。ちょっと苦みばしった50男、髪は短かくて角刈りより少し長め。上等な背広を着ていたわ。」
「佐々木さん、実は山口君は誘拐されたらしい。僕と間違われて。」
「うそっ、本当。じゃあ早速警察に届けなくちゃ。」
「いやいい、相手は分かっている。」
猛烈な闘志が沸いてきた。杉田啓次郎、預言者かなにか知らないが、貴様だけは許せん。何処にいるのか知らないが、絶対に捕まえてやる。そう決意した。その時携帯が鳴った。五十嵐だった。
「そっちの状況はどうだ。」
「さっぱりよ、ビルの中はまるで迷路。何がなんだかさっぱり分からない。施工業者を呼んだけど、分割して発注されていて、まして肝心なところは信者の業者が請け負ったみたい。そこの社長も姿を消しているわ。恐らく富良野よ。」
「そのビル以外は?」
「8箇所の道場も虱潰しに調べている。でも、捜査本部は全く別の所に隠れ家があるってことも視野入れ始めたわ。入念にチェックしたけどこのビルに、教祖はいそうもないもの。」
「ところで、さっき話した教祖の秘書、というか愛人だが、彼女が新宿で射殺された。」
「なんですって、さっきその新宿の射殺事件の情報、無線で流れていたけど、教祖の愛人だったの。」
「ああ、俺が馬鹿だった。悟道会の奴に盗聴器を仕掛けられ、彼女の証言は奴らに筒抜けだった。彼女はだから殺された。」
受話器を押さえて五十嵐が何かを叫んでいる。今流した情報を皆に伝えているのだ。佐々木が顔を引き攣らせ聞き耳をたてている。五十嵐が受話器を押さえていた手を離したらしく、背後で田村警部の怒鳴り声が響いた。田村警部のその言葉が気にいらなかった。「おい、石井を出頭させろ。」と吼えていた。捜査協力者を呼び捨てにしやがって、と心の中で毒づいた。五十嵐が声を低めた。
「真治、署まで出頭して。どうしても供述をとる必要があるわ。あっ、地震。」
強い揺れだった。ふたりは押し黙り揺れが止むのを待った。
「今日、二度目よ。悟道会の予言のことを思うと、不気味な感じがする。」
「あんなもの当たるものか。」
「だといいんだけど。それより、ねえ、出頭して証言して。」
「それが、そうもいかなくなった。尻に火がついた。」
「いったいどういうこと。」
「事務所のアルバイト、山口信一郎という学生が誘拐された。僕と間違われたんだ。じっとしてはいられない。まして供述するとなると時間がかかる。」
かいつまんで山口が誘拐された経緯を語った。五十嵐はすぐさま言う。
「兎に角、そのことも含めて話してもらわないと捜査は袋小路よ。その山口さんを捜索するためにも出頭すべきよ。そこのところはちゃんとしておいて。貴方は元刑事よ。」
「いや行く気はない。だけど情報は伝えよう。その山口君を連れ出した男を事務所の佐々木という者が見ている。まずその佐々木に当たったほうがいい。」
「まったくもう、言い出したらきかないんだから、もう何も言わないわ。」
「とにかく、全力で杉田の居所を探るしかない。忙しくなるね。暫く会えそうもない。」
「残念だけど、しかたないわ。」
もう一度あの東陽町の悟道会のビルを見ておく必要がある。顔を知られている以上、中には入れないが、せめて周辺を探っておこうと思った。目をまん丸にして驚愕の表情を浮かべる佐々木に声を掛けた。
「佐々木さん、ちょっと出かける。今日、綾瀬署の職員が君に相沢のことを聞きに来ると思うから、対応してください。今日は戻りません。」
佐々木が慌てて立ち上がり、石井を捕まえようとするが、一足先にドアにたどり着いた。
「兎に角、頼みます。」
後ろで、「愛人が射殺されたって言っていたけど、それってどういうこと?それに警察に何を言えばいいの?」という叫び声が聞こえた。
 階段を駆け下りた。まずは見張りをまくことだ。石井は辺りを見回した。いるいる。男が慌てて電柱の陰に隠れた。石井はほくそえんだ。
 この日は、午前中に2回、午後に5回の地震があった。石井の不安は五十嵐や山口の安否だけではなくなった。やはり、大災害はおこるのだろうか。悟道会ビルの周辺の暗がりを選んで歩きながら、石井の体がぶるっと震えた。

    (二)
 翌日の午前10時、捜査本部は色めき立った。とんでもない情報がもたらされたのだ。それは大竹清美の父親からの一本の電話から始まった。杉田満が清美に会いたいと連絡してきたという。清美は満の誘いに応じるふりをした。今日の昼、12時、大竹家に程近い公園で会うことになっていると言うのである。
 その場にいた21名の刑事たちが一斉に立ち上がった。その中には出かける直前の五十嵐と小林もいた。誰もが興奮し、奮いたった。警視庁から戻ってきた田村警部は顔を真っ赤にしてまくし立てた。正に正念場だった。失敗は許されない。
1時間後、公園には、刑事達が、浮浪者に身をやつし、或いはうな垂れベンチに座る失業者を演じ、それぞれ工夫をこらして集まっていた。住宅の敷地に隠れている者もいる。五十嵐は咄嗟の判断で、コンビニで弁当を買い、若い桜田刑事とベンチで昼食をとるカップルを装うことにした。
 桜田は26歳で五十嵐より2つ年下だが、なかなか堂にいった演技を続けている。
「五十嵐先輩とこうして一緒に弁当をつっつくなんて本当に光栄です。でも、この間捜査本部にいらっしゃった石井って人、恋人なんでしょう。」
「そんなことどうでもいいでしょう。それより、そんなにぱくぱく口に入れたら直ぐに食べ終わっちゃうじゃない。後15分もあるわよ。もっとゆっくり咀嚼して食べなきゃ。」
「いっぺんに胃に送り込まないと食べた気がしないんです。食べ終わったら、お茶でも飲みながらお話をすればいい。二人きりでお話したのは初めてじゃありません?」
「そうね、初めてかも。」
と言って笑ったが、無線で満が公園へ入ったと情報が入り、思わず体を強張らせた。見ると公園の入り口から、何度も写真で見た杉田満があたりを見回しながら歩いてくる。警戒する素振りはまったくない。
「振り返らないで。」
「僕の後ろ方面?」
「ええ、田村警部と西野警部補が後方からついてくる。みんな偽装を解いているわ。いい、杉田満があと10メートルの所にきたら、立ち上がって前を塞ぐのよ。合図する。」
「緊張しますね。あとどのくらい。」
「まだよ、まだ、まだ」
「……」
「……」
「もういいかい。まーだだよ。」
「馬鹿、こんな時に。・・・・あと数秒よ。・・・・さあ、立ち上がって。」
二人は杉田満の前に立ちはだかった。田村警部も後方15メートルまで近付いてきて、ちらりと鋭い視線を五十嵐に送った。それ以上、満に近付くなと言うのだ。小林刑事も、逮捕の第一声は田村警部に任せろと目配せした。これが大人の社会というものだろう。
 杉田満は声もでなかった。突然、ベンチに座っていたカップルが立ち上がり道を塞いだのだ。すぐに大竹清美が裏切ったことを悟った。信じられなかった。呆然と刑事達が近付いてくるのを見ていた。
 しかしここで捕まるわけにはいかない。満は奇声を発して若い女に飛び掛ったが、隣の男に脚を払らわれた。地面に叩きつけられ、男に腕をねじ上げられた。別の男が満をフルネイムで呼んだ。見上げると、でっぷりとした男が立っている。
男は逮捕状をかざし、御託をを並べている。どうやら年貢の納め時らしい。低く声を出して笑った。周りでは殺した女達がぎゃあぎゃあ喚いている。一人一人の顔を眺め、その場面を思い出し、笑い続けた。
 次の瞬間、バンバンという銃声と「ぼっちゃん、こっちです。」という叫び声が聞こえ、腕を捻じ曲げていた若い男の強い力が、ふと消えた。そして傍らに倒れこんだ。
夥しい血が流れ、満の顔にも注がれた。
次いで女の悲鳴、「桜田さん、桜田さん」と呼びかける声、ふと周りを見回すと男達が地面に臥せ、或いは木の陰に身を寄せている。再びあの声が聞こえた。「坊ちゃんこっちです。」
 入り口とは反対方向の公園内の道に黒いバンが留まっていた。その側面のドアが開かれていて、銃を構える片桐と樋口が見えた。満はおもむろに立ち上がった。満の後を追おうした男達の前の地面に銃弾がうちこまれる。満はバンに向かって走った。
 急発進するバンに刑事達は追いすがった。中でも五十嵐は男どもを追い越し、狭い道とカーブに手間取るバンに追いつき、バンの車体をどんどんと音を立てて叩いた。その時、バンが急停車し、あっという間に五十嵐を中に引き釣り込んだのだ。
 息せき切って駆けつけた刑事達は急速に小さくなって行くバンを見送るしかなかった。待機していたパトカー3台が漸く公園入り口からやってきて、二台が逃走した黒のバンの後を追った。一台残ったパトカーの無線機に田村警部ががなりたてる。
「緊急手配、緊急手配。黒の大型のバン、等々力方面に逃走中。ナンバープレーは外されナンバーは不明。二人の男が拳銃を所持。それから至急救急車を手配願います。刑事一名胸に銃弾をうけ、かなり出血で重症。場所は・・」
 ぜいぜいと息をしながら、小林は何かあった時にと五十嵐から聞いていた石井の連絡先に電話をいれた。あいにく石井は不在だったが、刑事だというと石井の携帯のナンバーを教えてくれた。捜査上の秘密にあたるが五十嵐に頼まれたからにはしかたがない。電話は一回の着信でつながった。
「石井君か、小林です。実は五十嵐君が職務中誘拐された。」
「なんですって。誰にです、それに何処で?詳しく聞かせて下さい。」
「あんたも元刑事なら、捜査情報をぺらぺら喋れんことは知っているはずだ。ここで言えることは、五十嵐刑事が杉田の一派と思われる複数の男達に車で連れ去られたということだけだ。我々も全力をあげて探す。ところで出頭を拒否したと聞いたが、こうなっては、その方が良かったかもしれん。君は君の思う通りやれ。」
「分かりました、有難うございます。それと小林さん、小林さんの携帯、非通知設定になっていますけど、番号を教えて下さい。何かあったら連絡したいのですが。」
小林はあっさりと番号を教えてくれた。
 石井はすぐに事務所に電話を入れた。幸い龍二は出張から戻っていた。
「おいおい、いったいどうなっているんだ。佐々木に聞いたんだが、山口が誘拐されたって?何でまた山口が。」
「私もうかつでした。どうやら奴らはずっと僕を見張っていたらしいんです。」
「おいおい、待て待て。いったい奴らってえのは、何処のどいつだ。」
そういえば龍二は何も知らないのだ。石井もどうかしていた。「実は」と今日起こったこと、そしてこれまでの経緯を順を追って話した。龍二が唸った。
「いったいどうゆうことなんだ。教祖は愛する息子を守るためだけに行動しているわけではなさそうだ。まさに悪意を剥き出しにして動き出したってかんじだ。真治の恋人、その五十嵐っていう刑事はどこで何をしていたんだ。」
「そこまでの情報はもらえませんでした。」
「まあいい。今日は閉店休業だ。その東陽町のビルを見張ることだ。今どこにいる。」
「その東陽町です。双眼鏡も用意してあります。でもなかなか手頃な見張り場所がないんです。」
「俺にまかせろ。1時間後どこかで待ち合わせよう。」
駅前の喫茶店を指定した。石井はそこに早めに行くことにした。見張り所を探して午前中いっぱい歩き回り脚が棒のようだった。その時、その日4度目の地震が石井の脚を止めた。一歩一歩、不気味な現実が忍び寄る気配がした。
 
 コーヒーをすすりながら、石井は死と生まれ変わりついて考えた。石井は一度死を覚悟したことがある。体からドッ、ドッと心臓の鼓動と共に血が湧き出ていた。このまま死ぬかもしれないと思ったのだ。次の瞬間、石井は強烈な恍惚の中にいた。えも言われぬ悦楽が体全体を包んでいた。
 これは担当医師に言わせれば、脳内麻薬物質が大量に放出されるからだそうだが、、この体験は死に対するイメージをがらりと変えてしまった。死は状態の変化の一過程に過ぎないと誰かが言ったが、まさにその変化の一過程に入り込んだ、そんな印象をうけたのだ。
 スエデンボルグは輪廻転生を否定している。しかし、石井はこの体験により輪廻転生を受け入れた。その後、かのエドガー・ケイシーに乗移る霊が輪廻転生を語っていることを知り、それを確信するに至ったのである。
 輪廻転生のリーディングは、病気の処方箋であるフィジカルリーディングに対し、前世に照らして今生を如何に生きるべきかを教示したライフリーディングと呼ばれるものである。ケイシーは同じ人間に何度もライフリーディングを行っているが、その本人に数年前に語ったのと同じ、常に一貫した前世を語って、その生き方に助言を与えたのである。
 ケーシーは言う。「肉体の世界、宇宙的世界、幽界の三者は一体である。」と。これは、「肉体の世界」と「幽界」について説明するなら、この世もあの世も何ら変わりはなく、死を断絶ではなく生の連続とし、この二つは一体だという意味だろう。
 次いで「宇宙的世界」とは他の銀河系から地球に転生する者もあり、地球的に見れば「肉体の世界」と「幽界」とは別の世界ということになる。これはスエデンボルグも同じ見解をとっていて、地球には他の銀河系から来ている人がいると認めている。
 そして魂は「物質界に現されている宇宙緒力の創造エネルギーと一つになるまで、その一体性の中に留まらなければならない」と説く。つまり「肉体の世界」、「宇宙的世界」、「幽界」の三者のどこかに生まれ変わり、そこで成長し、魂を磨き、天に戻る(宇宙緒力の創造エネルギーと一つになる)よう努力すべきだと言う。
 まさに、スエデンボルグの天界への道と同じことを、つまり魂の成長を説いている。スエデンボルグは輪廻転生を否定しているが、ケーシーは輪廻転生を何度も繰り返すとし、その中で魂を磨くことが生の目的であるとしているのである。
 一つ気になるのが、ケーシーの「物質界に現されている宇宙緒力の創造エネルギーと一つになる」という言葉である。現代物理学によれば宇宙には四つの力が働いていると言う。それは素粒子相互間の強い力と弱い力、そして電磁力及び重力の四つである(五つ目が最近話題になっている)。
 この四つの力はケイシーの言う創造エネルギーと同じものなのか?もし、同じであるとするなら、波動として霊界に存在する霊魂は、この四つの力と一つになることによって物理学的にどう変化するのか?また、神はこの力とどのような関係にあるのか?いずれにせよ、ケイシーはこれらの疑問に対し何も語ってはいない。


ランキングにご協力をお願いいたします

小説・詩
inserted by FC2 system