予言なんてクソクラエ

第十三章 仮 面

    (一)
 龍二が現れたのは40分後である。まるでプロのカメラマンのようで、どんな格好をしてもぴたっと決まる。石井は何も考えず双眼鏡一本を持ち出したが、龍二のカバンには3本の望遠レンズが収められていた。龍二が言う。
「尾行はまいたか?」
「大丈夫、最後にはこっちが相手を見張っていました。いかにも信者っていう若者が、あたふたきょろきょろしていて笑っちゃいました。」
「よし。それじゃあ出かけるか。実はな、真治、建設中のビルが悟道会ビルの斜め前にある。そこの現場監督と話がついているんだ。直ぐに行こう。」
石井は龍二をせかせて建設中のビルに向かった。その建設中のビルの現場監督は龍二から封筒を受け取ると、用意してあった場所に案内した。悟道会の18階建ビルの三階に位置し、出入りする車と人が手に取るように見える。
 打ちっぱなしのコンクリに突き出た鉄筋。何とも殺伐とした空間だが、今は、ここしか五十嵐と山口の捜索の糸口を探る場所はないのだ。龍二が悟道会のビルを見上げて言った。
「何だあれは。とってつけたようなビニールシートの壁があのビルの屋上にある。ちょっと屋上に行って見てこよう。」
カメラをセットする石井にそう言うと、龍二はその場を離れた。セットし終わって、しばらくしてぐらぐらっと横揺れが2分ほど続いたが、何事もなくおさまった。冷や汗を拭い、ほっと胸を撫で下ろしていると龍二が戻ってきた。
「随分長い地震だったな。どうやら本当に来るかもしれん。」
「大災害ですか?」
「ああ、昨日今日の千葉沖を震源とした地震が、こうも頻発するのは観測史上初めてらしい。何かの前兆としか思えん。ところで人の出入りはどうだ。」
石井は二日間新聞もテレビも見ていない。その時は、何気なく千葉沖が震源というのが気になったが、すぐにそれも忘れ答えた。
「ひっきりなしです。でも、そうとう警戒が厳重です。敷地に隣接した駐車場はさほどでもないですけど、地下駐車場に入る車は警備室から警備員が出てきてチェックしています。さっき一台追い返されていました。」
「そうか、恐らく地下駐車場に何かある。よく注意して見ていろよ。俺はちょっと出かけてくる。あのビルの屋上に何かが人の目を避けるように置かれている。悟道会ビルのより高いビルから確かめてくる。」
と言うと、カメラマンバッグを開けて巨大な望遠レンズを取り出した。
「じゃあ、よく見張れよ。」

     (二)
 五十嵐は暗い倉庫に押し込められた。後ろ手に縛られたまま、呆然とあたりを見回した。仏像や段ボール、機械らしきもの、あらゆる雑多なものが隅に積まれていた。ここに押し込められるまえ、五十嵐は教祖の前に連れて行かれた。
 教祖を見るのはこれで二度目だ。最初は杉田満の葬儀の時。あの時の教祖は、脂ぎった顔をてかてかに光らせ、流れる汗を白いハンカチで何度も拭っていた。しかし今日見た教祖は、同人物とは思えないほど痩せ衰え、干からびたような印象を受けた。
 教祖は五十嵐を上から下まで舐めるように眺め、五十嵐の横に立つ男に声を掛けた。
「よし、いいだろう。下に連れてゆけ。」
何が「いいだろう」なのか分からなかったが、対面は数秒にしか過ぎなかった。そして同じ階のこの倉庫に入れられたのだ。ふと見ると、仏像の脇からもぞもぞと何かが這い出してきた。驚いて身構えたが、見るとやはり後ろ手に縛られた若者が立ち上がろうとしている。山口だとすぐに気が付いた。
「山口君?」
「えっ、僕のこと知っているんですか。」
と言うなり床に倒れ込んだ。慌てて近付いたが両腕が不自由なので如何ともしがたい。山口は自力でようやく立ち上がったが、よく見るとズボンの裾がすっぽりと足先を包んでいる。ズボンの裾を踏んでづけて転倒したのだ。五十嵐が笑いをこらえながら話しかけた。
「ちょっとパンツが長すぎるみたいね。」
「まったく佐々木のばばあ、いえ、この佐々木ってのはアルバイト先の事務員なんですが、こいつが、まあ、いい加減なばばあで、事務所にあった両面テープでパンツの裾上げをしたもんだから、このざまですよ。せめて糸で縫ってくれれば。」
「とにかく、石井さんも探してくれているわ。ふたりで頑張りましょう。」
「あれ、石井先輩の関係ですか。まったく先輩は持てるから。」
「そんなことはどうでもいいから、このロープを何とかしましょう。」
「僕もさっきから必死でやっているんですが、なかなかどうして上手く縛ってあります。敵ながらあっぱれってやつで。」
「ねえ、こっちにきて、背中あわせになって私のロープを解いてみて。」
二人は30分ほどで互いの手を開放することができたが、それから後はなす術もなかった。扉は鉄製でびくともせず、窓一つない構造だったからだ。

    (三)
 片桐は心の動揺を抑えながら、信者達を睨みつけている。今日、十二回目の地震が部屋全体を揺るがしていた。片桐の横にいる樋口、四宮、そして何故か名前で呼ばれる重雄が信者達と緊張した面持ちで対峙している。
 居並ぶ16人の信者のうち12人は片桐が選りすぐった親衛隊員だ。片桐はこれまで彼らを一般信者とは隔離して、どんな危険な任務も平然とやってのける人間に仕立てようと教育し洗脳してきた。しかし、1年という期間はあまりにも短すぎた。
満探索に、親衛隊員だけではなく一般信者も動員した。両者が親密になり過ぎるのを多少懸念してはいたが、緊急時ということもあり、放置してきた。それが今回の事態を招いたのだ。
 恐らく親衛隊員は、一般信者から家宅捜査のことを吹き込まれ、煽られたのだ。しかし、あの公園から親衛隊員を引き上げさせたのは正解だった。いくら満を守るためとはいえ、やり方が乱暴過ぎた。問い詰められれば答えに窮しただろう。
 それに動揺するのは当たり前だ。この群発地震に恐れをなしているのだ。誰だって不安に駆られる。長い沈黙にたまりかね、信者の一人が声を発した。
「片桐さん、噂では北海道のどこかにノアの箱舟が建設されたと聞きました。主だった人達はみんなそっちに行っているって。もうそこまで迫っているんじゃありませんか?本当のことを教えて下さい。」
とうとう来たかという思いが片桐を落ち着かせた。それがこの騒ぎの原因だったのだ。ふんと鼻で笑って答えた。
「主だった人達に、俺が入っていないってことだ。」
「いえ、そんな意味では・・・」
「じゃあ、教祖様はどうだ。教祖様は主だった人じゃないのか。」
片桐はつかつかと電話機に近付き受話器を取り上げた。教祖が出た。
「教祖様、ちょっとよろしいでしょうか。モニターをつけさせて頂いても・・・。」
「かまわん。」
パチンとスイッチをいれると教祖の部屋で受話器を握る男が映し出された。片桐が皆に見るように顎で促した。皆、ぞろぞろとモニターの前に集まってくる。そして片桐と教祖が騒動について話し合う画面に見入った。教祖が受話器を置いた。片桐が皆を振り返った。
「お前らは、何度も教祖様の部屋に入ったはずだ。」
親衛隊隊員はみな頷いている。
「だったらモニターに映し出されたあの部屋がこのビルの教祖様の部屋だってことは分かったはずだ。後ろの窓から見える風景も同じだった。」
親衛隊の隊員の一人が答えた。
「でも、警察が一日がかりで捜したが見つからなかったと聞いています。その時、教祖様はいったい何処にいらしたのですか?」
片桐がにやりと笑った。
「教祖様は何もかもお見通しだ。今日の事態も予想されていたのだ。教祖様の千里眼は君達が一番よく知っているはずだ。そのための準備も怠りなかった。ここまで事態が逼迫したのだから君達にもこのビルの仕掛けを知っておいてもらう。後で重雄が説明する。」
重雄が頷いた。皆が一様に胸を撫で下ろしているのが分かる。もう心配はない。片桐が皆を睨め回す。一様に俯いて、自らの動揺を恥じ入り、ちらちらと上目遣いに片桐を見る。片桐が声を張り上げた。
「もしそんなノアの箱舟が建設されて、大災害が迫っているなら教祖様がこのビルにいるのをどう説明する?」
片桐は親衛隊員一人一人の目をじっと見つめる。身も世もないほどに身を縮めて顔を伏せる。そして続けた。
「教祖様は、ご子息の無罪を信じて権力と戦おうとしておられる。君たちはその教祖様と共に戦う戦士なんだ。その誇りと自覚を持ってくれ。」
感極まって泣き出す者が現れた。涙は伝染する。親衛隊には最後までその役割を果たしてもらわねばねばならない。片桐は皆を見回して言う。
「権力はどんな嘘も真実に変えてしまう。いいかこれは罠なんだ。権力が悟道会を潰そうとする罠だ。その罠にはまって君らは教祖様を裏切ろうというのか。」
自分の不明を恥じ、誰もが涙を流し始めた。片桐は声を振り絞り、感極まった素振りで言った。
「もういい、君たちのことはよく分かっている。教祖様がさっき話された通り、誰もが試される。その時どう行動するかで、その人間の価値が決まると。神はそれを見ている。さあ、今、満さんに4人の仲間が張り付いている。そろそろ交代の時間だ。」
メンバーは、涙を拭い、「はっ」と言って部屋を退出した。一般信者数名もぞろぞろとそれに続いた。一安心という表情を浮かべている。片桐は額に浮いた脂汗を手の甲で拭った。 
 片桐の心は恐怖で震えていたのだ。巨大地震が迫っている。満は父親宛ての手紙の中で、この群発地震の始まる日時を言い当てていた。ということは、その手紙に書かれるように、地鳴り、次いで震度6強の直下型地震が起これば、最後に地面が1メートルも波打つ巨大地震が間違いなく現実のものとなるということだ。
もし、そんな巨大地震が起これば、最先端の耐震装置を導入しているこのビルとてひとたまりもない。生き残る者は皆無であろう。ぞくぞくという恐怖が背筋を這い登る。満がこのビルに帰ってくるその時こそ巨大地震の正に直前なのだ。
 満を公園で救い出し、別の公園で車を乗り換えたとき、満は一緒に来ようとはしなかった。その場を離れる寸前、片桐の耳にそっと語りかけた。
「大災害は僕があのビルに戻ってから30分後に起こる。何日に戻るかは教えられない。いずれにせよ近いうちだ。あのビルで待つように親父に言うんだ。」
 片桐はかつて公安の刑事だった。潜入捜査が専門で悟道会に信者として入りこんだ。まさにミイラ取りがミイラになったわけだが、それにはそれなりの理由があった。ある日のことだ。教祖が近付いてきてこう言ったものだ。
「どうだ、捜査の方は順調に進んでいるかね?」
見破られた知って声も出なかったが、教祖の次の言葉は驚愕以外の何ものでもなかった。
「君は腕力がありそうだから、僕のボディガードをやってくれんかね。警察には何でも報告してもかまわん。僕の近くにいたほうが情報は取り易い。そうだろう。」
そして、側に仕えて初めて教祖の偉大さに触れることになった。何でも知っているのだ。片桐の記憶にしかないはずの事実を指摘されたのは一度や二度ではない。小学生の頃、凧揚げしていて肥溜めに落ちたことまで知っていた。
 財界人、政治家、文化人、ありとあらゆる人々が相談に訪れる。何も聞かずに、相談者の悩みを言い当て、そして助言する。そんなことは朝飯前なのだ。まして言い当てた予言の数々は誰もが驚嘆するほど正確無比だった。片桐は教祖に仕えて1年で警視庁を辞めた。 しかし、満をこのビルに監禁して一月で教祖の化けの皮が剥がれた。
秘密の階に設けられたモニター室は、片桐の自慢の作だった。ビルの50箇所にカメラが設置され、モニターテレビで昼夜覗けるようになっていた。設計も片桐に任された。秘密の階にも五箇所カメラが設置されていた。
その日、完成間近のビルに泊まりこんだのは、最後の調整にてまどり二日も徹夜したソフト会社の社員が床に寝ると言い出したからだ。帰るのも面倒だったし、長い付き合いだったこともあり、壁に二台のベッドが収納されている片桐の執務室に案内した。
 夜中の12時過ぎ、眠れずにいた片桐は、秘密の階に侵入者が入ったことを示すサイン灯を認めた。片桐は起き上がり部屋を出ると、満が監禁されている階の五つのモニタースイッチをいれた。その中の一つの画面に片桐の視線がくぎ付けになった。
 満のベッドルームに侵入者がいた。警棒をつかみ満の部屋に駆けつけようと立ち上がったその時、侵入者の横顔がちらりと見えた。その侵入者は教祖だった。ほっとして椅子に腰を落とした。
普段、息子に少し冷たいのではないかという印象をもっていたが、やはり親子なのだと思うと心が和んだ。このまま覗き見するのは失礼だと思いモニターのスイッチを切ろうとした矢先、眠りこける満に教祖が話しかけた。
「深い深い眠りの中で、あなたの魂はさらに深い深淵に落ちてゆく。そこであなたはアカシックレコードにアクセスすることができる。さあ、アクセスを開始して下さい。今日のターゲットは文京区に住む赤井次郎。彼の悩みは何か?また彼の心の恥部はなにか?あなたは詳細に述べることが出来る。」
その後に起こった光景に、片桐は度肝を抜かれ、ただ呆然とモニターに見入るばかりだった。満が目を閉じたまま喋っている。まるで地獄から響いてくるようなその声に背筋が凍った。なんども生唾を飲み込んだ。
片桐は、その日、区議会議員、赤井次郎が無理矢理予約を入れてきたのを丁重に断っている。教祖の面会は一週間前と決められていたからだ。しかし、何らかの事情で教祖は片桐を通さず、赤井と会う約束をしてしまったのだ。
 教祖は、誰か大物から要請があり、引き受けざるを得なくなった。やむなく車を飛ばしてここまでやってきたのだ。モニター装置作動が一週間も早まったことも、片桐が泊り込んでいることも知る由もなかったのだ。


ランキングにご協力をお願いいたします

    
 
inserted by FC2 system