予言なんてクソクラエ

第十五章 地獄への誘い

     (一)
 サウナを出て、練馬駅前で立ち食い蕎麦を五六口で胃に流し込むと漸く力が湧いてきた。いかなる時も食欲は衰えない。どんな按配であんなに線の細いお袋からこんな男が生まれたのか不思議に思いつつ急ぎタクシーに乗り込んだ。
 昨夜のうちにコスモフーズの配送所の場所は確かめてある。駅前からワンメーターの距離だ。配送の仕事は朝が早いと思い、サウナの従業員に6時半に起こしてもらい急ぎ着替えて出てきたのだ。
 結局、横尾が出勤してきたのは8時半で1時間半以上も手持ち無沙汰な時間を過ごすはめになったが、出勤してきた横尾の反応は頗るよく、待った甲斐があったと言える。
「あんた磯田さんの友人だって。それはうれしいね。あの人は金払いが良かった。あんたもそうだと嬉しいけど。」
すぐさまポケットから封筒をだして手渡した。横尾は中身を確かめると、
「じゃあ、乗ってくれ。そういえば磯田さんはいつも防寒着を用意していたけど、そんな格好でだいじょうぶ。この車だけど。」
と言って、二台並ぶ一方の冷凍車を指差した。石井はしまったと思ったが後には引けない。後ろに回ろうとすると、横尾がにこりとして言う。
「冗談、冗談、今日、あそこに行くのは11時だ。それまでは助手席でいいよ。さあ乗ってくれ。」
配達の手伝いをしながら、辛抱強く時の経過を待った。焦っても始まらない。石井は煙草を一本取り出し、火をつけた。深く吸い込む。車が信号で止まった。横尾が大口を開けてあくびをし、そして涙を拭いながら言った。
「しかし、この群発地震、どうなっているんだろう?観測史上初めてらしいね。いよいよこの世の終りかね?」
「そうですね、でも世界的規模で起こっているんですから、この世の終りでもお互い恨みっこなしで、いいんじゃありませんか。」
横尾が怪訝な顔で石井を見た。
「世界的規模?それってどういう意味?」
「いえ、いえ、三日間新聞もテレビも見ていませんから詳しくは知らないのですが。」
石井は悟道会の予言が頭にあり、世界的規模と言ったのだが違うのか?
「日本だけですよ。」
「げっ、それって本当ですか?」
龍二の言葉が甦った。千葉沖を震源にしていると。地球的規模の大災害にしては規模が小さすぎる。笑いながら横尾が言った。
「世界中が注目していますよ。いよいよ日本が沈没するんじゃないかって。小松左京の日本沈没って本、知りません。テレビで取り上げていましたよ。」
石井は思わずうなった。すっかり忘れていたのだ。
「さあ、これから悟道会ビルにひとっ走りだ。直前に冷凍庫に入ってもらうよ。」
石井は頷きながら、記憶の糸を丹念にほぐしていった。そうだ、似ている、確かに似ているのだ。あの今世紀最高の霊能者と呼ばれたエドガー・ケイシーの予言にである。そして彼の予言はことごとくはずれたのである。 
 石井はエドガー・ケイシーを高く評価するあまり、その否定的側面を記憶の外に追いやっていた。エドガー・ケイシーは、1998年までに日本は沈没すると予言し、それを下敷きにして小松左京は日本沈没というSFを書いたと言われるが、未だ日本は無事である。
 これだけではない。第二次大戦における日本の軍事行動に関しても、オーストラリアを攻撃するとか、米国本土を爆撃するとか、その殆どの予言がはずれているのである。まして日本人を蔑称であるジャップと呼称した。
 明らかに、その時、エドガー・ケイシーの口を借りた霊は日本人に悪意を抱いている。もしかしたら、教祖の予言の源も同じような霊なのではないか。であればまたはずれる可能性がある。いや、今度が本番で、ケイシーは時期を間違ったのか。
 もう一つリーディングが裏目に出た事例がある。それは、エドガー・ケイシーの能力に目をつけた資本家が、共同事業や多額の報酬を持ちかけ、油田発見、投資、不動産投機についてのリーディングを依頼したのだ。この時、彼のリーディングはことごとく外れて資本家の目論見は頓挫してしまった。
 このことがあってケイシーは「私はすべてのひとを助ける得るようだが、自分だけは・・・」つまり、その能力にによって自分を利することは不可能であること、そして人を助けることと「物質的利益を得ることは両立し得ないことを悟るに至った。」と語っている。
 とは言え、油田発見や投機のリーディングの時にも、間違いなく眠れるケイシーに霊は降りてきて、どこそこを掘れとか、あの株は間違いないぞとか発言したのだが、その霊がフィジカルリーディングやライフリーディングの霊と同じとは思えない。
 スエデンボルグはこう言う。「この世の人間は天界とも繋がっているが、同時に地獄界とも繋がっている。」と。エドガー・ケイシーの「予言」を語った霊はどちらから来たのか。人々に恐怖の種を撒き散らしたとうことを考えれば地獄、或いはそこに近いところから来ているのではないか?
 ふと佐々木が言った一言が脳裏に浮かんだ。「未来は神の領域」という言葉だ。そうだ、未来は神の領域であり、霊の領域ではない。憤然とそう思った。神は万物を創造されたのだ。霊は、スエデンボルグも言っているが元々は人間である。天使も悪魔もである。
 元来、人も動物も神から出たのだ。だとしたら、個の生き死に、或いは種の滅亡、全ては神の領域に属する出来事だ。その時に誰が死に、誰が生き残るかは神が決めることだ。霊やまして人間が関わることではない。

 すーと肩の力が抜けていった。そうだ神に委ねればいい。死ぬまでせいぜい全力を尽くす。五十嵐に会えるか否かそれは分からない。でも、今の石井は五十嵐を探し出すことに全力を尽くせばよいのだ。
 いきなりトラックが止まった。見ると寂れた倉庫の一角だ。横尾が降り立った。
「さあ、ここで冷凍庫の中に入ってくれ。中に入って外から見えない所に身を隠すんだ。万が一にも奴らが中を覗くことだって考えられる。」
 石井は冷凍庫の中に入った。横尾がドアを閉めた。中は真っ暗闇になった。冷気が肌を刺す。乱暴な運転で積んである荷物が滑って落ちた。しばらくして、車が止まった。恐らく悟道会ビルに到着したに違いない。坂を下る。キキキーといタイヤの軋む音がして、完全に止まった。
 ドアが開かれた。横尾がにやにやしながら片目をつぶった。どうやらOKらしい。ゆっくりと車から降り立った。広い駐車場だ。その割りに駐車する車はまばらだ。横尾が言うには在家信者たちが使用するスペースだという。
「上手くやれよ。納品はあのドアだ。あそこから忍び込むのは難しい。警備員が常に二人張り付いている。磯田さんはこの駐車場で過ごし、翌日、また俺が拾って引き上げた。あんたはどうする。」
「明日、僕がこの時間に現れなかったらそのまま引き上げて下さい。」
横尾が台車に荷物を載せ納品所に向かった。今のところ人の気配はない。磯田が言っていた。「教祖が帰って来た。」と。ということは、教祖はここから出入りしている。ここの出入り口を見張ることだ。ぐるっと辺りを見回した。30メートル先にエレベーターがある。
 よし、あそこだ。エレベーターに近付いた。大型のトラック、今時珍しい幌付きが好都合にも置いてある。恐らく磯田もあそこにもぐり込んだに違いない。車のエンジン音が響いた。急いで幌の中に飛び込む。
 幌の隙間から覗くとジープから坊主頭の3人の精悍な男達が飛び降り、エレベーターへ駆けつける。先に乗った男がボタンを操作した。ドアが閉まる。エレベーターの行方を視線で追う。6階、7階とボタンの光あがってゆき突然消えた。8階のボタンに明かりが移らない。
 何かがある。その何かを確かめるしかない。何度も揺れが襲ったが、それほど恐ろしくはなくなっていた。神にゆだねると心に決めたからなのか。また車が入ってきた。二人の若者がなにやら喋りながらエレベーターに向かった。
 ひ弱そうな若者達だ。エレベーターに乗り込む。また観察する。一人は7階で、もう一人は8階で降りたようだ。7階と8階の間に何かがあると見当をつけた。しかし、そこに行き着くためには何かしら操作があるはずだ。それを探るしかない。
 
    (二)
 杉田啓次郎は知らせを聞いて、屋上に出た。いよいよ迫っている。最後の時が。屋上から東京の街を見下ろした。これで見納めだと思うと一抹の寂しさが心をよぎった。この喧騒と猥雑さに満ちた街、それはそれで楽しみもふんだんにあった。
 待ち受ける未来は決して甘いものではないが、何とか生き抜いてみせる。声がして振り向くと片桐が、後ろ手に縛られ、猿轡を噛まされた女を連れて走ってくる。
「教祖さま、ヘリにお乗り下さい。それと、この女を見張っていて下さい。」
杉田の視線は女のつま先からゆっくりと上に向かい、胸の膨らみで止まった。恐怖で男が駄目になってしまったかと思っていたが、今はそれなりに欲情を覚えた。覚悟ができたのか、杉田は恐怖が少し和らいでいるのを感じた。女の腕を掴んでヘリの後ろ座席に押し込み、自分も続いて乗り込むと思い切りドアを閉めた。
 もうすぐ満がやってくる。ぞくぞくと背筋に嫌悪感が走った。あの野獣のような声、あの美しい顔から信じられようなしゃがれた声を発する。野獣としか思えない行為、殺戮を楽しんでいるのだ。
 しかし、今しばらくは付き合うしかない。予言と言う大いなる神秘に触れる喜びは、満と向き合わねば得られず、常に重苦しさとおぞましさを伴った。予言の鍵は満の心の中に秘められており、あの小さな口を通して語られるのだ。
 満の口から天の声が届いたのは満の声変わりがはじまった頃だ。その声は自らをペトロと名乗った。ペテロという名は、キリストの12使徒の一人だということぐらいしか知識はなかった。満の性癖が性癖だけに最初は疑ってかかったものだ。
 しかし、ペトロは言う。邪悪な精神に宿る純粋な魂、それが満だと。その魂があるからこそペトロは降りてきたという。半信半疑であったのは一月ほどに過ぎない。ペトロの予言は正確だった。未来の出来事を、場所、日時まで言い当てたのだ。ペトロに対する疑いはそれが金につながると確信したときから消えうせていた。
 信者は飛躍的に増えていった。それに伴いお金が入ってきた。次第にそれは膨大な金額になっていった。信じられなかった。巨額な資金が出来、その資金を市中金融に流した。もはや何も恐れるものはなくなった。
 しかし、おかしなことだ。そのペテロの正確無比の予言に恐れを抱くことになるとは。日本、米国、そして欧州で地殻に大変動が起こり、陸地はその姿を変え、多くの民族が海の藻屑と消える。僅かに生き残った人々がその血脈を残すことになる。
 満を富良野に連れていかなかったのは、新たな大地で再出発する人々から満の犠牲者を出したくなかったからだ。予言能力は最後の予言を境に失われたと言っても尊敬を失うことはないと判断した。
 それが思ってもみない事態に陥った。なにもかも、予想を超えていた。あのこともそうだ。ふと涙に滲んだ。何故、香子は自分を裏切ったのだ。信じられなかった。自分を心から尊敬し愛してくれていた。それが何故。
 あんな卑賤な職業の男に会って心を奪われた。だから殺した。殺されて当然だった。思わす興奮して指に持っていた煙草を握りつぶした。悔しさで目に涙が滲んだ。しかし、それも一瞬だった。重い現実が目の前に横たわっている。
 満は最も肝心な時期と安全な場所を変えて杉田に伝えたと言う。そんなことが本当に可能なのか?あのペトロがそれを許したというのか?ふと、そんな疑念を抱いた瞬間、何かを感じた。ゴーという地鳴りが腹の底に響いた。肌が粟立った。
 まさに今日なのだ。満の言う通り地鳴りが響いた。心のどこかに巣食っていた不安、満に対する不信が嘘のように消えていた。ゴー、ゴーという不気味な地鳴り。青い空にオレンジ色の光が何度も瞬く。稲妻が天から地に走る。もう間違いない。破滅はそこまで来ている。
 
    (三)
 三人の若者が車を降りた。一人はぐずぐず迷っているらしく、それを二人が促している様子だ。
「この群発地震だって教祖は予言していた。君も不安で僕らの誘いにのったんだろう。教祖はこう言っている。信じることだ。信じて祈ることが唯一の救いであると。信じる者だけが救われるとね。さあ、道場に案内しよう。」
躊躇していた若者も意を決したようにエレベーターに向かって歩み出した。その肩に手を置いてさっきの若者が語る。
「初心者は7階、僕らのいる8階は上級者用だ。最初は7階で始めるといい。指導者がいるからまず彼に紹介しよう。」
この時、ゴーっという地鳴りが響いた。幌付きトラックにいる石井も驚きのあまりちびりそうになったほどだ。冷や汗が頬を伝う。若者三人は地べたに這いつくばり、ひーっと悲鳴を上げた。
「さあ、早く、上に行こう。このビルは最高水準の耐震構造になっている。震度8まで持ちこたえるんだ。」
あたふたとエレベーターに乗り込んだ。エレベーターは7階、ついで8階に止まった。やはり7階8階の中間に何かがある。何故なら、10分ほど前、二台目のジープが乗り付け、精悍な若者達二人がエレベーターに乗ったがやはり7階を通過し次の8階のボタンは暗いままだった。エレベータの位置を示す灯かり消えるのだ。
 次に精悍な若者が現れたらドアの閉まる寸前で乗り込むつもりだった。石井もそう若くはないが、まだあんな若造に負ける気はしない。何としても秘密の階に行く気になっている。次の車が来るのを待った。入り口を見詰めた。
 その姿を認めた時、子供が走って来たと思った。小さな人影が走りこんできた。子供だった。身長は150センチにも満たない。しかしその顔には無精髯が蓄えられている。その目は血走っていた。少年はすぐさまエレベーターに直行した。そしてボタンを操作した。石井はトラックから飛び出し、ドアが閉まる寸前飛び込んだ。
「おじさん誰?」
「誰でもない。ただ秘密の階に行きたいだけだ。」
「あの階のこと知ってるの?」
「ああ、知ってる。」
「それじゃあ、一緒に行こう。」
エレベーターが上昇していく。8階の手前で止まった。やはりと思った。ドアが開く。石井はあっと声を上げた。精悍な男達が10人も控えていた。少年がエレベーターから降り立った。
 リーダーと思われる男が口を開いた。
「満さん、お待ちしておりました。今から屋上にお連れいたします。少しお待ち下さい。」
そう言って、男が満を迎え、そこに佇む石井に向かってにやりと微笑んだ。
「石井さん漸く現れましたか、お待ちしておりました。すっかり偽者をつかまされてがっくりですよ。私は相沢、いや片桐と言います。さあ、そこから出てきて下さい。」
石井は仕方なくエレベーターから出た。その瞬間精悍な若者達が石井を襲った。石井は取り囲まれ袋叩きにあって悶絶した。石井が倒れたのを確認し、片桐が怒鳴った。
「お前達は駐車場と正門玄関を見張れ。サツの奴らを何としても阻止するんだ。我々は教祖さまと満さまを秘密の場所にお連れする。」
はっという男達の声が響いた。それを石井は遠くで聞いたような気がした。片桐が最後の指示を直属の三人の部下達に伝える。
「お前達三人は、この男を見張れ、決して逃がすんじゃないぞ。いいか、分かったか。もし、警察がこの階をかぎつけたら、指示通り教祖の部屋にある金庫のスイッチを押せ。全てが灰になる。そして逃げるんだ。」
はっという三人の声が響いた。


ランキングにご協力をお願いいたします

    
 
inserted by FC2 system